こんにちは♪

WCPブログ【アウトドア×グッズ】担当☆

飲食出店 のベルです!





ベルは実験大好きです☆




そらもう小学生の頃からです







混ぜたらでたりとか

変わったりとか

ほんと、楽しい!





だからあれ、好きでした。





あのお菓子。



ねるねるねるね。









こんなの体に悪いから食べちゃだめ!


ってよく怒られてたなぁ~。笑






科学って感じで好きだった!








でもね、

科学のちからで料理の可能性広げるってのは、

世界じゃトレンドなんです。(多分。)






しっかりあるんです、そんな分野が。










その名も

分子ガストロノミー


分子美食学とも言う学問ですっ!







最近じゃ料理漫画でも


強敵が使ってきたりします。





服が弾け飛ぶ料理漫画ではちょっと有名かも 笑










さ、この

分子ガストロノミー

のかっこよさを!美しさを!



例をだして分かりやすくしましょう☆






I. 固化


1つ目は”人工いくら”!









なるほど、ねるねるねるねでも

こんなのあった気がする。



作り方はこんな感じ~!

テンション上がりますね!







触感が気になる~!


これは作る方に興味出ちゃいますよね(*´∀`)










II. 着色、変色


身近なのでいうと


紫キャベツを使った


カメレオ焼きそば


なんて結構有名かもしれません

(検索! 検索!)






わかりやすい色の実験をみつけました(^^)







化学って感じで面白い!

しかも食べれるっていうのだから驚きですっ









II. 分離、脱色


もう、遠心分離機

使っちゃってます。


色素成分旨味成分を分けて料理に使ったりなんかします♪



ほら、見て


すこぶる実験してます。








料理として完成している画像がこちら







素敵かよ。( ゚∀゚)







一応濾すだけでも透明にできるみたいですが


ここはこだわり完成度ですかね。


うーん、奥が深い。









ひとまず今回は3つまで!










こんな料理どこで食べれるのさ!

って思ったそこのあなたのために





お店すこーし調べて見ました。











べらぼうに高級なところ出てきました。







これは来店しばらく保留かな?笑




余裕かまして

こんなお店行ってみたいですね♪








今日のランチは分子ガストロノミー。


ってツイートしたい。








もっと、美味しく


もっと、美しく



そんな追求の末に生まれた数々の技術に



興味が尽きません(^^♪








体験キットも売っているので

人工イクラは手軽に作れます(^^♪









つかめる水って言うのもめっちゃ興味ある。。。












まだまだ、

調理方法たくさんあるみたいで引き続き調査!











来週は

皆大好き、ちめたいアイツだな!

(モクモク)








乞うご期待だ!



また来週♪